趣深い.com

コケの成長を眺めて暮らしています

ニトリネットのトップページ。HTML9000行

 2015/06/25      人生

ニトリの通販ページ、ニトリネットが6月17日から一週間ほど止まっていたらしいですね。

サイバー攻撃じゃなくて、プログラムの不具合によるサーバーへの負荷増大が原因だそうです。
つまり、自分たちのせいで、閉鎖せざるを得なくなっていたのです。

トップページのソースを見てみると、なんと9000行(弱)に渡ってHTMLが綴られています。

私のにわか知識では、こういうものはとにかく短く、簡素にするべきだと認識しています。

結構ごちゃごちゃしている「楽天」でも5500行
「Yahoo!」は1000行未満です。

つまりこれは、すげえ無駄に色んなコト書いてあるということですよね。HTMLのコード的なもが。
1ページあたりの情報量で考えると、ニトリが楽天の2倍、Yahoo!の10倍というのはちょっとおかしいですよね。

私のような素人でも察しがつきます。

どでかい空欄が500行以上に渡って繰り広げられていたりするのですが、あそこには何が隠されているのでしょうか。気になります。

結構な大企業でも、こういうことがあるのですね。
要は、結局人がやっていることなんだ、と痛感させられます。

気の利いた人がいなかったんでしょうね。

現在、ニトリではSEを大募集しているそうです。SE(開発)、SE(運用)どちらも10名ほど。
優秀な人材が集まって、通販ページが修正された暁には、ソースがどう変わっているのか、興味深いです。

ビフォーアフターを比較することで、勉強になるかもしれません。