趣深い.com

コケの成長を眺めて暮らしています

ムッとするコンビニ店長

 2015/07/03      経済

学生時代、コンビニでアルバイトをしていた。

21時半から翌朝8時までの夜勤だから、朝の交代まで店長に会うことはない。

夜はお客さんも少ないし、大概はバックヤードでおしゃべりか読書である。

それでも、やることはあるから、本当にぶっ通しでしゃくり倒している訳でもないし、小説1冊をじっくり読めるわけでもない。
それなりの、それなりだ。

7時位になると、通勤の会社員、通学の学生が大挙押し寄せてくる。
毎朝同じ甘いパンを買う女子高生がいる。辛そうな顔をしてやってくるが、それでも同じ甘いパンを買う。
大工さんは朝からカップラーメンとかワンタンを買う。昼用じゃない。今食うために買う。

そして最大のピークは8時15分ごろである。

スポンサーリンク

ムッとしますねえ

最大のピークを前に、夜勤は店長チームと交代する。

申し訳ないような気持ちもありつつ、8時半まではやってられない、と思う。

長蛇の列を捌いた後、店長はバックヤードの我々に絡んでくる。
若者との会話を楽しみにしている。世間話で憩うのだ。

「いやあ、さすがにムッとしますねえ。」

生活がかかっている店長も、大量の客を捌くのは嬉しくない。嬉しい悲鳴なんてこの世にあるのだろうか。

365日、休みなしで働く店長。

客にムッとする店長。

盆も正月もない。旅行にも行けもない。

笑顔で客にムッとする店長。

ムッとしても構わない。

まとめ

神奈川出身の店長は、田園都市線が今でも田園風景の中を疾走していると思っている。